しびれ」タグアーカイブ

むち打ちの正式名称は「外傷性頚部症候群」

交通事故、特に追突事故で発生する「むち打ち」という症状をご存知の方は多くいらっしゃると思います。
さて、この「むち打ち」の、正式名称は、「外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」といいます。
でも一般的には、首が衝撃によって前後に大きく揺れて過屈曲・過伸展し、「首がムチのようにしなり打つ動き」からそう名付けられた「むち打ちの方がわかりやすいやすですね。p1_ph3

この「むち打ち」という言葉が使われ出したのは、1914年からの第一次世界大戦の頃からになります。
戦闘機が滑走距離の短い航空母艦から飛び立つときにカタパルトを利用した急加速、着艦時のフックを引っ掛けて止める急減速によって生じる首への衝撃で、パイロットが頭痛、首の痛み、しびれ、吐き気、耳鳴りなどの症状を訴え出したのです。
これが、「むち打ち」という状態が確認され、「むち打ち」という言葉が使われだした始まりです。

日本で、この症状が多く見られるようになったのは、1955年頃~1973年頃の高度成長期からになります。
自動車が急激に普及したものの、自動車の知識の不足や運転に不慣れなために、追突事故も続出し、「むち打ち」の症状になる人も急増しました。
日本で「むち打ち」の研究が進められだしたのは、それからになります。

余談ですが、当初、自動車のシート(座席)の背もたれは肩くらいまでしかなく、今でいう「ヘッドレスト」(首や頭の部分)は、ありませんでした。
「むち打ち」の研究が進み、その対策・軽減として、それから、車のシート(座席)にヘッドレストが装着されるようになりました。

また「むち打ち」が怖いとされるのは、その症状がすぐ出ないことにもあります。
数日後や1~2週間してから、その症状が出ることもあり、単なる頭痛や体調不良と勘違いしてしまい、適切な治療を受けないままで、症状を悪化させることや、治りにくくしてしまうこともあります。

また、軽い衝撃で当人に自覚がなくても、症状の原因が身体の中に潜んでしまうこともあります。
どんな些細な症状でも、またもし何か思い当たることなどがありましたら、私たち「あおぞら整骨院」に、お気軽にご相談くださいね。

「しびれ」や「神経痛」の原因は・・・

これまで、身体の各部の痛みについてお伝えしてきましたので、今回は、「しびれ」や「神経痛」についてお話したいと思います。

さて、「しびれ」で一番わかりやすいのは、正座したときの足(脚)のしびれですね。
これは、正座の姿勢によって、脚(特に膝から下)が圧迫され、血流が悪くなって十分な酸素が供給されなること。
そして何よりも、皮膚に近いところの神経が圧迫されていることで、足(脚)のしびれが起こります。

神経痛でしびれが出るのも、これと同じように、血流の悪化や神経の圧迫が原因です。
わかりやすくいえば、道路工事などの車線規制で、交通渋滞が起こっているような状態です。

さて、正座などが原因なら、足(脚)を伸ばして、圧迫から解放してあげると、やがてしびれもなくなります。
ところが、それが身体の各部の不具合からきているのなら、血管や神経は、常に圧迫されたままです。
そして、手や足などの身体の末端で神経痛のしびれが出るときは、手や足が原因である場合よりも、
身体の中心に近いところから末端への神経が圧迫されて、神経痛やしびれが発生している場合がほとんどです。
これは以前お伝えした、首を痛めていると腕にも痛みが出ることがある のと同じです。
ちなみに、この神経痛が足に出る代表的なものが、坐骨神経痛になります

また、忘れてはいけないのが、がんを初めとした重大な病気が原因で神経が圧迫され、手や足に、神経痛やしびれが発生している場合もある、ということです。

人の身体の神経は、ネットワークのようなもので、それが上手く伝わらなくなるとどこかに異常が起こっても、本当の原因とは違う場所に、痛みやしびれが出ることもあります。
それが、強い痛みやしびれでなければ、「それほど痛くはない」とか、「歳のせい」だとか、つい思ってしまいがちですが、軽い神経痛やしびれの時に、原因を確かめておくのも大切なことです。

症状をお感じになられたら、早い段階で、お気軽にご相談くださいね。

肩の鳴りは何が問題なのでしょうか?

前回、肩の痛みについて書きました。
そこで今回は、痛みのない肩の鳴りについて触れたいと思います。

あまり多くはないのですが、肩の鳴りについてのご相談を受けることがあります。
痛みはないのですが肩が鳴る、とのことです。

ところで肩の鳴りは、どうして起こるのか、ご存知でしょうか?
順を追ってお話しますね。

ph8肩に限らず関節には、「遊び」というものがあります。
言い換えれば、わざと余裕を持たせている、隙間を空けてある、ということなのですが、これは関節のような稼動部が、きつくピッタリだと動かせないからです。
本来は、この余裕(隙間)が肩の動きを助けて、関節同士が当たらないようにしているのです。

しかし、肩の関節に歪みが生じている場合や、またそのために、変な肩の動かし方になっていると、本来、当たらない関節同士や腱が当たってしまい、肩の鳴りとなってしまいます。
ここで一番の問題は、故意に肩を鳴らし続けることです。

肩の鳴りを経験すればするほど、肩が鳴る動きを覚えてしまい、自ら肩を鳴らす動作をしてしまいがちになります。
肩を鳴らすクセや、肩を鳴らさないと落ち着かない、という状態になることが問題になってきます。
こうなると、肩の遊び(=余裕)は、必要以上に大きくなり、肩の歪みも、さらに大きくなってしまいます。

肩が歪めば、バランスをとるために肩以外の場所の歪みも発生し、新たな痛みやしびれの原因にも成りかねません。
でも、小さな「おや?」のうちに原因を取り去っておけば、大きな問題には発展しにくくなります。

痛みのないうちに、痛みの原因を取り去っておけば、痛みは出ませんよね?
肩の鳴りも、そうなのです。

だから些細なことでも、ご自身で「おや?」とお感じになったら、ご遠路なくご相談くださいね。

背中の痛みは「上下」の痛みも引き受けている!?

今日は背中の痛みについて、お話したいと思います。

例えば、長時間パソコンに向かって事務仕事をしていたり、同じ姿勢で長時間、何かをしていたりするとき、背中が痛くなることありませんか?
背中が張ってくる、背中が固まってくるといった方がわかりやすいかも知れませんね。
肩こり腰痛の背中版、といったらわかりやすいでしょうか?

ph2さて、この背中ですが、上は首の付け根や肩、下は腰を兼ねているので、背中だけでなく、それぞれの痛みも加わってしまうという、結構大変なポジションにあります。
ですから例えば、腰痛がひどい場合も、その痛みは背中の痛みに波及しますし、腰痛をかばっていて背中を痛める場合もあります。
肩こりの場合もそうですね。

もうお気づきかもしれませんが、やはり姿勢の悪さが、背中の痛みにも大きく影響しています。
また忘れてはいけないのが、運動不足や加齢からくる背中の筋力低下と血行の悪さからくる冷え性の影響です。

このように背中が痛い場合も、背中だけでなく背中以外からの影響もあって、やはり身体全体を見て、不具合箇所の治療や歪みをとることが必要になってきます。
さらに、この背中の痛みですが、内臓に問題がある場合もあります。

特に背中の痛みとの関連性が高いのは、肝臓、腎臓、すい臓、胆のう、胃、心臓といわれています。
この場合、背中の右と左で、疑わしい内臓が異なってくるそうで、

・右の背中が痛い場合は、肝臓、胆のう、十二指腸潰瘍
・左に背中が痛い場合は、すい臓

が、疑わしいとされています。

もちろん、私たち整骨院は、患者様の痛みやしびれなどがなくなるように、精一杯、施術・治療を行います。
だから、些細な痛みでも、ご遠慮なくご相談ください。
同時に、内臓の問題が疑われたときは、内科での診察も欠かさないようにしてくださいね。
この場合も、一切のお気遣いは不要です。

なぜなら、私たちの願いは、背中の痛みをとることでなく、あなたが笑顔で暮らせるようになること、なのですから。

足の痛みも足だけでなく身体全体を見て

患者様に限らず、お会いする方で、「足が痛い」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
ご存知のように、高齢になってくると特にそういうケースが多くなります

ph4足は、身体の重みを受け止めている一番下の部分ですから、そのことの長年にわたる疲労と、加齢による筋力の低下が重なるので、やはり、ご年配の方にとって足の痛みは大きな問題です。

さて、一口足の痛みといっても、足には痛くなる場所はいくつかあります
その代表的なものは膝(ひざ)ですが、それ以外にも、足首、足の裏、指の付け根、ふくらはぎ、太もも、膝の横や裏側、足の付け根や太ももの裏側など足の痛みは様々で、それぞれに合わせた細かいケアが必要です。
その原因も、外傷や捻挫・打撲だけでなく、糖尿病や痛風や脳の血管障害からくる場合も少なくありません。

もちろん、関節の変形をはじめとした身体の歪みも大きな原因として存在しますし、その歪みの箇所も、足だけに限らないことも、このブログをお読みの方は、もうご存知のことと思います。
前回、このブログでお伝えした外反母趾もそうですね。

このように足の痛みも、一つの原因、一つの視点からだけでは、解決のための原因も治療法も不十分なもので終わってしまいます。

足が痛い場合も足だけにこだわらず、身体全体を見て対処することが必要であり、患者様お一人お一人の痛みの解決に最適な施術・治療を選び組み合わせていくことも欠かせません。

足の痛みはもちろんのこと、他の些細な痛み・しびれなどがございましたら、私たち、あおぞら整骨院へご相談ください。

整骨院でも交通事故治療をおこなっています

意外に知られていないことなのですが、整骨院でも交通事故治療をおこなっています
健康保険はもちろんのこと、自賠責保険も使えますし、病院から整骨院への転院もできます

ただ、整骨院ではレントゲン撮影や精密検査などができませんし、救急医療もできません。
だから、交通事故初期の病院での治療は欠かせませんが、身体が受けたダメージによる痛みやしびれなど、整形外科病院などで対処しにくい部分を、整骨院が担っているといえば、わかりやすいでしょうか?

「病院では対処できない?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、病院では、傷や骨折が治り、リハビリが完了した時点で交通事故治療は終了となることが、ほとんどです。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAまた、むち打ちなどでは、レントゲン写真のみで診察する場合もあります
だから、検査結果やレントゲン写真では異常がなくても、痛みがいつまでも続くことも、実際にあることです。
交通事故の衝撃を考えると、怪我や痛みのある箇所だけが、事故による影響や痛みが出てくるとは限りません
人の身体は全部つながって、影響しあっていますので、ダメージを受けたところをカバーするために、他の部分に問題が出てくることも、よくあることです。
そして、たとえ今、痛みなどを感じていなくても、何らかの影響を受けていることも、よくあります。

ここまで読んでいただければ、「整形外科病院などで対処しにくい部分を、整骨院が担っている」と表現したことも、ご理解していただけたでしょうか?あおぞら整骨院では、全身の関節を調整する取り組み方で、事故に遭われた患者様一人一人の状況・状態に合わせた交通事故治療を行っています。

骨折や強い痛みはもちろん、軽度の痛みや、なんとなく痛みがあるような・・・という場合でも、お気軽にご相談くださいね。

ヘルニアが首で発生したものを「頚椎ヘルニア」と呼んでいます

前回の、椎間板ヘルニアに続いて、今回は、頚椎ヘルニアのお話をしたいと思います。

この頚椎ヘルニアですが、現象としては、前回お話した椎間板ヘルニアと同じです。
この椎間板ヘルニアが首で発生したものを、頚椎ヘルニアと呼んでいます。
発生場所が首ですので、症状も首や肩や上腕の痛みしびれ、胸の痛みなど、上半身に現れてきます。

また、手の細かい運動に影響が出ることもあります。
大きな痛みはなくても、腕が肩から上にあがらない、ということも起こります。
さて、この頚椎ヘルニアの原因ですが、スポーツでの衝撃や、転倒・事故の衝撃で起こることもありますが、年齢が高まるほど、頚椎ヘルニアを発症する率が高まっていますので、加齢による骨の老化が根底にあるといえます。
カルシウムやマグネシウムの摂取を含め、普段の食事にも、十分に気を配りたいものですね。 頚椎への負担ということでは、姿勢の悪さも、決して見逃せないポイントです。

ph1頚椎ヘルニアは、首というとてもデリケートで重要な場所だけに、不用意な手当てや、間違った治療、強すぎる刺激を与えたりすると、取り返しのつかないことにもなりかねません
時には安静が一番の対処法、ということもあります。
また、早期の適切な対処が必要な場合もあります。

首や腕の痛みしびれなど、もしかしたら?の場合に限らず、不調や不安などを、お感じになられましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

実は、腰痛の原因として多いのが、この椎間板ヘルニアなのです

今日は、椎間板ヘルニアについてお話したいと思います。

実は、腰痛の原因として多いのが、この椎間板ヘルニアなのです。
人の背骨は一本の骨でなく、たくさんの骨が連なっていることは、ご存知のことと思います。
だから背中を曲げたり伸ばしたりすることができるのですが、ここが椎間板ヘルニアの原因にもなっているのです。

つまり、一つ一つの背骨(椎骨)の間には、関節が存在し、クッションの役割を果たしているものがあります。これが「椎間板」です。

そして、腰に近い所の「椎間板」が、背骨(椎骨)と背骨(椎骨)の間から飛び出してしまうのが、「椎間板ヘルニア」です。(ヘルニアとは、飛び出すという意味です。)

椎間板ヘルニアで、腰や足に痛みやしびれが出るのは、飛び出した「椎間板」が、脊髄神経を圧迫してしまうからです。
さて、「椎間板ヘルニアは、どうやって治すの?」と聞かれることも多いのですが、それこそ症状次第です。
言い換えると、椎間板ヘルニアに対しての治療方法は数種類あり、その症状や程度に対しての治療方法が存在する、ということになります。

ph2また、腰を痛めても、単なる「ぎっくり腰」と思われて、そのまま痛みが治まるのを、じっと我慢されている方が、三島にも、少なからずいらっしゃると聞きました。
2~3日しても、まだ同じような痛みが続いたり、痺れ等を感じましたら、椎間板ヘルニアの可能性もありまので、痛みや不安を、早く解決するためにも、一度お越しくださいね。

あなたの笑顔が戻るお手伝いが出来たのなら、とても嬉しく思います。